×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小顔に見える髪型




小顔に見える髪型にするには髪をうまく使って顔の横を隠す、
または後ろ髪に動きを出してシルエットで小顔に見せるのが基本です。

髪の毛を頬の横やに持ってくることによって、
顔が隠れますので小顔に見えます。

あるいは髪の毛を動かすことによって髪の毛の動きによって、
顔の割合を小さく見せることができます。

個人でやはり顔の形が違いますので、
実際にカットやパーマをするときは美容師さんに相談してみることをお勧めします。

小顔に見えるような知識を知った上で美容師さんに相談して
自分に合った一番いい方法で髪型を選んでみると失敗がありません。

まずは自分の髪型と顔の形を知ることから始めましょう。
顔の形を知った上で小顔に見える髪型とうまく組み合わせるのが大事なポイントです。


小顔に見える髪型一覧



小顔に見える髪型は大きく分けて3つのカットを使います。

1.菱形

人の顔はそれぞれ違う形をしていますがですが、
大体多くの人が小顔に見える髪型は菱型と言われます。

顔全体のシルエットがになるようにカットしていくと
すっきりと小顔に見せることができます。

2.シャギー

レザーやハサミ、すきバサミで毛先を薄く削るようにカットするシャギーもいい方法です。

顔の周りや髪先に段を入れて、ブローしてもらうときは
顔の内側に巻き込むようにしてもらうと小顔に見えます。


3.マッシュウルフ

マッシュルームカットとウルフを組み合わせたようなスタイルのことです。
顔の回りは丸顔を隠し、後ろの髪は伸ばしてあご周辺をすっきり見せるようにします。

これら3つのカットで小顔に見せる髪型にすることができますが、
やはり本人の髪質やクセなども必ず考慮しておく必要があります。

実際にカットしてもらうときは美容師さんのアドバイスも聞くようにしてください。


まとめて小顔に見せる髪型にする方法



カットなしでも小顔に見える、自分で今すぐできる髪のまとめ方があります。

美容師さんはこの手のちょっとしたテクニックをたくさん知っています。

ピンやクリップなどで髪を動かしたものを留める方法があります。


個人の顔の形や髪質も考慮して行う必要がありますので、
ここで万人に当てはまる方法はコレというのをひとつ上げることは難しいです。

もし美容室に行ってカットするときがあれば、
美容師さんに小顔に見える髪のまとめ方を聞いておきましょう。

髪が伸びたときにちょっとそのテクニックを活用することもできます。

もちろんまとめることで雰囲気も変えることができるので一石二鳥です。

ぜひ美容師さんに聞いておくことをお勧めします。

 

検索したい商品がある場合、この検索窓から商品を探せます。
商品名(一部でもOK)やブランド名などを入れて、お好きなショップのボタンを押してして下さいね


都市名や観光地の名前、ホテル名などを入れて検索できます。